時間差攻撃


時間差攻撃
ボールに触れる予定の無い『おとり』のプレーヤーがジャンプすることで、相手のブロックのタイミングを狂わす戦術。ミュンヘン五輪で日本の男子チームが最初に編み出したとされ、その大会では金メダルを獲得した。

©武富士|申し込みはコチラ