6人制バレーのルール


基本的なルール

6人制バレーボールは、ネットで分けられたコートにそれぞれ1チーム6人ずつ入り、ネット越しに両チームがボールを打ち合うスポーツです。
ゲーム(プレー)はサーブで開始され、ボールが地面につくまでに全身のどこかを使い(基本的には手)、ボールを相手コートにネット越しにボールを返さなければなりません。
サーブを打てる権利をサーブ権と言い、ゲーム開始のサーブはゲームを始める前にジャンケンかコインなどで決めます。その後は、ポイントを得た方のチームがサーブを行います。

サーブを失敗すれば相手チームにポイントが入り、相手チームにサーブ権も移動します。また、何れかのチームがボールを受け損なった場合や、3回以内の打数で返球できなかった場合は、相手チームにポイントが加算されます。
こうして両チームでポイントを奪い合い、先に25ポイントを先取した方が1セットを獲得します。通常の試合は5セットマッチで行われ、3セットを先取した方が勝ちとなります。(一部の大会は3セットマッチ)
なお、第5セットのみ、セット獲得に必要なポイントが25ポイントでなく15ポイントとなっています。
※第4セットまでは24−24になればデュース、第5セットは14−14となればデュースとなり、
 何れの場合も2ポイント連取した方がセットを獲得します。

©武富士|申し込みはコチラ